京都ロイヤルライオンズクラブ(335-C地区)の公式ホームページです。Kyoto Royal Lions Club

京都ロイヤルライオンズクラブ

三役挨拶

会長挨拶

会長1985~1986年度 第8代会長 村上 久造

友情の情を拡げる活力ある奉仕の前進をしよう

 此の度、京都ロイヤルライオンズクラブ第8代会長として御指名戴き、大変光栄に存じますと共にその重責をひしひしと改めて実感して居る処でございます。
 我がクラブ結成以来始めて5周年の式典挙行に当り、当時L吉川会長の元で第三副会長として種々格別の御指導を戴き、又式典実行委員長L高島元会長をはじめ、当時関係の各L委員の皆様に広く御交友を戴き、当時メンバーとは名ばかりの私が第三副会長として初めて、私ながらの尊い経験をさせて戴きました。一年間の当時を振り返って見て、今更乍らの感が改めてよみがえってまいります。奇しくも今年度又々L高島会長が、当クラブよりゾーンチェアマンとしての大役を引受けられ、L河村と共にゾーンクラブの皆様の為、御活躍をされることとなった事等も不思議なめぐり合わせの年と感じ、それなりの会長としての責任を重ねて感じて居る処でもあります。
 さて、浅学菲才の上に平素日々仕事雑用に追われる毎日の中で、メンバーの皆様に如何様に期待に添い得るか、大変私自身苦慮し懸念致して居る処ではありますが、、取敢へず任期中には一にかかって、各Lの皆様の御援助と御協力を御期待申上げ、衷心より「よろしくおたのみ申します」とお願い致す次第でございます。八代目の「八」は、縁起の良い「末広がり」に通じると申します。
 10周年も目捷に迫りつつある今日、我がクラブが磨き抜かれたメンバーを持ち、真の独自性も併せて先輩クラブメンバーと益々充実した活動を協調し行使して参らねばならぬ時と存じます。
 走馬灯の様に打過ぎゆく毎日をそれこそ真剣に大切にし、豊かな活力をもって築かれつつある友情を一段と高め、前進して参りたいと存じます。今改めて各Lの皆様の深い御理解と御鞭撻をお願い申し上げ、ご挨拶とさせて戴きます。

幹事挨拶

幹事1985~1986年度 幹事 洞本 昌男

 当ロイヤルLCに加入させて頂き、早や7年が経過し驚いている最中に幹事のお役が廻って参りました。「エライコッチャー」と素朴に感じています。丸7年が経過していることは歴代7人の会長、幹事が存在する訳で、各氏それなりにパターンがあり、今日のクラブ運営も各々のパターンの類積があり、相当複雑になって来ていることもいなめない事実と存じます。スムーズな会があればスローモーな会もあり、会毎の運営はその長のカラーが出て大変興味深いものがあります。
 元々善意で参加したこの会が変な面子や意地であらぬ方向へ行かぬことを、本年の中心方針に皆が楽しく仲良く出来る事を第一の目標にしたいと感じております。
 幸い小生は構成上年齢的に下位に属しますので、皆々様に甘え乍ら楽しい雰囲気を作り上げ、毎会の例会出席が自然に楽しみになる様、私のキャラクターを交え、一生懸命やりたいと覚悟しております。幸い行動派のL村上を会長に勤勉実直派のL山辺を会計に頂き、コミュニケートの取れた楽しい執行部であると自負しております。
 会員皆様には、この効果が上がります様、何とぞ格別のご支援、ご協力をお願いする次第です。

会計挨拶

会計1985~1986年度 会計 山辺 亨

 わが京都ロイヤルLCも結成以来、無事に7周年記念例会もすみまして、8年目を迎えることになりました。過去、歴代会計の御努力によりまして、健全財政をもちまして、順調に発展しています。ときに、会計という大役を任ぜられ、まことに緊張感にあふれている次第であります。
 役をお引受け致しましたうえからには、会長L村上及び幹事L洞本を助けまして、懸命に努力をいたしまして無事に任務を遂行してゆきたいと覚悟しております。
 副会計L白井には御助力をどうぞよろしくおたのみしますと共に、我がクラブ全員の御支援と御協力をよろしくお願い申し上げる次第でございます。

■過去の三役挨拶

HOMEライオンズクラブとは活動内容三役挨拶メンバー表リンクお問い合せ

Copyright ©2007 Kyoto Royal Lions Club. All Rights Reserved.