京都ロイヤルライオンズクラブ(335-C地区)の公式ホームページです。Kyoto Royal Lions Club

京都ロイヤルライオンズクラブ

三役挨拶

会長挨拶

会長1984~1985年度 第7代会長 佐々木 良造

友情の輪をひろげ愛と熱意の奉仕

 此の度京都ロイヤルライオンズクラブ第7代会長を務めさせて頂くことになりました。身に余る光栄と存じます。元より浅学菲才の身、大方の皆様のご期待に添い得るや否や甚だ危惧する所でありますが、会員諸氏の御指導と御助力によりまして一年間会務に精励し、いささかなりともライオニズムの高揚への一助ともなり得ますれば望外の喜びと念じ心新たに致しております。
 さて我がロイヤルライオンズクラブは昭和53年6月15日結成以来、既に満6ヶ年を経過しまして遂に学齢に達しました。初代高島 雅行会長を初め歴代三役を中心として営々として培われたその歴史と伝統は育成され、いよいよその成長期に入ったと申せましょう。就学年に入った我々クラブ員は今後自ら学び自ら鍛え、自らの知育の発展を期さねばならぬと自省せざるをえません。
 対外的には会員相互の友愛と親睦をすすめ団結をかため目標を定めて一路邁進したいと思います。対外的にはスポンサークラブたる紫明ライオンズクラブを初め同ゾーン、同リジョンの各クラブは勿論、他のクラブとの友好交流を深め、盟約クラブたる台湾稲江ライオンズクラブとの盟友関係を一層強化して、ライオンズ精神の高揚実践に努めたいと存じます。特に本年度は、盟友稲江LC創設10周年に当たりますので、国際友好の立場からも倶にその記念日を慶賀したいと考えます。その為には、基本的には先ず当LC会員相互の友情をより一層深め、全体的な団結のきづなを強め、具体的には或程度の長期的展望を以て事業の遂行に務めねばならぬと思考します。幸にして当クラブは創設以来最も協調的雰囲気に富むクラブと自他共にゆるし、又それを誇りとして参りました。過去6年間に渉って、相互に育んで来た長所を生かして、運営の実を挙げるように努力致しましょう。又同時に反省すべきは反省し、互の善意が経済的な面でも労力的な面でも実際に生きた成果を挙げるように期したいと思います。
 来るべき1ヶ年の月日を考えますと、愚鈍な我が身を顧みて身の引きしまる思いが致しますが、専心努力致します覚悟でございますので会員各位の絶大な御指導と御鞭撻をよろしくお願いします。唐書に「創業は易く、守成は難し」と申します。意を決して守成につくします。

幹事挨拶

幹事1984~1985年度 幹事 平田 光温

 此の度歴代名幹事の後を継ぎまして、京都ロイヤルLC7期目の幹事を務めさせて頂きます。
 京都ロイヤルLCに入会させて頂き早や7年目、結成式、CNとライオンズが何かとも分からないまま席を於いて来ました。6年間、こんな大役を任されるのだったら今迄にもっとライオンズ必携を読み勉強しておけばよかったと後の後悔先に立たづ、「やるしかない」と、まな板の上の鯉の心境で、一年間身を引きしめて務めたいと思います。
 幸い会長にL佐々木また役員、理事、委員長に京都ロイヤルLC結成以来の最強メンバーを有し、そして心からご支援下さる会員の皆様と共に、一年間歩んで行きたいと思って居ります。
 7年目の何とかと申しますが、ややマンネリがちになって来る時期でございます。初心を忘れず、歴代会長が築いて来られたクラブ内の和が益々よくなる様、又当ライオンズクラブ発展の為微力ながら努力致す覚悟でございます。
 私の性格は有り物事にこだわらないのんき者で、それが元でいろいろ失敗があろうかと存じますが、先にお詫びを申し上げておきます。その変りと云っては何ですが、暇と身軽さだけは当クラブで私の右に出るものは無いと自負して居ります。その辺を生かして、皆様方のお役に立つつもりで居ります。
 一年間皆様の暖かい御支援と御協力をよろしくお願い申し上げます。

会計挨拶

会計1984~1985年度 会計 三谷 一朗

 このたび会計という大役を(厄)を申しつけられ、実のところ当惑いたしております。
 例会に出席するのが、精一杯という程、仕事も忙しいし、この上ライオンズクラブの会計まで出来るのかの不安が去りません。もう2、3年先にと固辞させていただいたのですが、今年は大先輩(中学時代の)L佐々木先生が会長ということで止むを得ず、御引受けさせていただいたような次第です。しかし、やる以上は出来得るかぎりの事はやりたいと思いますので、何卒皆様方の御協力、御支援をお願い申し上げます。
なお、本年度の予算編成については、財務委員長のL山辺亨の熱心なる努力がありましたことを、紙上を借りて御礼申し上げます。又、副会計をしていただくL加藤徹夫には、今後とも人一倍のお手伝いをお願いしなければなりませんと思いますので、何卒よろしく。

■過去の三役挨拶

HOMEライオンズクラブとは活動内容三役挨拶メンバー表リンクお問い合せ

Copyright ©2007 Kyoto Royal Lions Club. All Rights Reserved.