京都ロイヤルライオンズクラブ(335-C地区)の公式ホームページです。Kyoto Royal Lions Club

京都ロイヤルライオンズクラブ

三役挨拶

会長挨拶

会長2016~2017年度 第39代会長 楠本 健吾

意識・行動・思いやり

 この度、京都ロイヤルライオンズクラブ第39代会長としてその職に就かせていただけること大変身に余る光栄と存じます。と同時に緊張と不安で押しつぶされそうになっておりますが、メンバーの皆様はもとより京都ロイヤルライオンズクラブにかかわる全ての方々からのご指導とご協力をいただきながら1年間その職責を果たしていく所存です。
 今期は会長スローガンとして「意識・行動・思いやり」を掲げさせていただきます。来期40周年を迎えるにあたり、今期は我がクラブにとりまして今一度の地固めの年であると認識しております。そのためにはメンバーお一人お一人が京都ロイヤルライオンズクラブ(奉仕団体)の一員であることを常に意識していただき、常に思いやりをもって何事に対しても言うだけではなく行動していただくことが必要であり、またそのようなメンバーが集うクラブであることが必要になってくるものと思っております。
 若輩者の私ではございますが、先にも書きましたように何とか1年間会長の職責を果たしたいと考えておりますので皆様方の厳しいご指導と温かいご鞭撻をお願いし私の就任の挨拶とさせていただきます。
 1年間よろしくお願いいたします。

幹事挨拶

幹事2016~2017年度 幹事 後藤 真孝

 このたび京都ロイヤルライオンズクラブの幹事に就任しました後藤真孝です。1年間よろしくお願いします。
 ライオン歴は13年以上になりますが、本業に齷齪していたこと、入会年齢が早かったことなどから、ライオンテーマー、会計、テールツイスターなどの役をゆっくり回していただき、ついに幹事が残りました。
 その幹事の職を、楠本健吾会長のもとでさせていただくことは非常に光栄なことです。
 一方で、私は、本年4月から京都弁護士会の筆頭副会長の職にあります。ライオンズの幹事の職との2足の草鞋を履くことは非常に困難を伴いますが、過去に故中村利雄ライオンが当クラブ会長職と日弁連の副会長職とを両立された例があること、前々幹事の川本誠治ライオンが副幹事の立場で、全面的にサポートしていただける環境が整ったことなどから、及ばずながら何とか大役を引き受けさせていただくことになりました。
 時間的制約のある中で、みなさまには何かとご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、力の許す限り楠本会長を支えていきたいと思いますので、 どうぞよろしくお願いします。

会計挨拶

会計2016~2017年度 会計 髙橋 義雄

 この度、伝統ある京都ロイヤルライオンズクラブの会計の仕事をさせて頂くことになりました。ライオンズクラブに入会して僅か4年目の私ですが、非常に重要なポストを任され不安でいっぱいです。
会長ライオン楠本、幹事ライオン後藤、先輩ライオン、そして会員ライオンの方々と共に運営が行えるように頑張りたいと思います。
We Serveの心を忘れないよう思いやりを持って、多くの方々に喜びと幸せを届ける運び手として、1年間仕事をさせて頂きますのでご協力をお願いいたします。
 特に結成40周年を控えての新しい節目をより良き記念年にするためにも大切な年度と思われます。 どうぞ皆様の絶大なるご指導、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

■過去の三役挨拶

HOMEライオンズクラブとは活動内容三役挨拶メンバー表リンクお問い合せ

Copyright ©2007 Kyoto Royal Lions Club. All Rights Reserved.