京都ロイヤルライオンズクラブ(335-C地区)の公式ホームページです。Kyoto Royal Lions Club

京都ロイヤルライオンズクラブ

三役挨拶

会長挨拶

会長2015〜2016年度 第38代会長 松田 忠佳

 数年前、我がクラブのアクティビティとして体に障がいを持つ子どもたちとそのご家族を招いてクリスマス会を開催させていただきました。参加者の中に介助式車いすに乗った重い障がいを持つ男の子がいました。私たちメンバーはどのように接していいのか分からず少し距離を取って戸惑っていると、その子のお母さんが「うちの子すごくイケメンでしょ!タレントの○○にそっくり」ととっても明るい声で私たちに言ったのです。私たちはハッとして顔を見合わせ声こそ発しませんでしたが一様に「何だ?! 自分たちが勝手にバリアを張っていたんだ」と思いました。その後は子供たちと話をし笑い、手をつなぎ肩を組み顔を寄せ文字通りスキンシップをして楽しく過ごしました。クラブに入っていなければこのようなことは多分経験出来ていなかっただろうと思います。
 私たちは奉仕をするために集いました。縁あって同じクラブのメンバーになった者同士社会に奉仕をし貢献し、その活動を通して見聞を広め友情を育み共に人として成長できたら素晴らしい。 きっとメンバー全員がそう思っていらっしゃるはずです。そんな経験をひとつでも多く出来る、そんな第38期にしたいと考えています。
 国際協会から発刊されウェブサイトにアップされたパンフレットの表題は「あなたのクラブ、あなたのやり方で!」(Your Club Your Way!)です。それぞれのクラブが個性を持ってそれぞれの奉仕やクラブ運営を自由にしましょうということです。京都ロイヤルライオンズクラブの先輩たちが今まで築き上げて来られた数々の輝かしいご功績に対し敬意を表すと共に、そこに新たなる我がクラブらしい個性溢れる歴史の1ページを重ねられるよう、会長に就任させていただいた喜びを胸に秘めながら精一杯務めさせていただきたいと思っております。
 どうぞご協力ご指導ご鞭撻を心よりお願いいたします。

幹事挨拶

幹事2015〜2016年度 幹事 米内 政明

 思い起こせば2010年7月2日、故L中村にライオンズのバッチを背広の襟に付けていただき、「ライオンズライフを楽しんで下さい」とお話しいただきましたことが昨日のように思い出されます。
 そこから遡ること3年の2007年、元ガバナーL児玉に「米ちゃん〇月〇日のお昼空いてますか?良かったらホテルでランチでもどう?」と声をかけていただき、普段はコンビニ弁当で簡単に済ます私にとって「ホテルでランチ」の響きに二つ返事で「ぜひよろしくお願いします!」とお伝えしました。ホテルに出向くとまるで別世界に来たような特有の雰囲気があり、開会のゴングは今年度計画委員長にご就任いただきましたL堀部が鳴らされ、流暢な司会進行の下、会は進められ、最後に大きく輪になって「また会う日まで」の合唱。1時間45分の貴重な異次元空間を体験させていただきました。
 この時の流暢な司会は、もちろんこの方“第38期会長L松田忠佳”私自身、まさかその当時にこのような「ご挨拶文」を書くことなど想像もしなかったところですが、この度、会長を支えるべく幹事という大役に着任することになりました。
 松田丸が順調・円滑に航海できますよう舵取りをさせていただきますので、諸先輩の皆様には大変恐縮ではございますが、航海の監視も合わせ大所高所からのご指導をお願い申し上げる次第でございます。前任幹事のL川本のように緻密かつ正確に運営する自信はありませんが、京都ロイヤルライオンズクラブの歴史に傷を付けぬよう、記憶に残る1年にしたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

会計挨拶

会計2015〜2016年度 会計 杉本 幸一

 この度、2度目の会計を拝命しましたが、前回の時よりも更に厳しい財政状態になっております。新入会員を増やすか、支出を減らすか、または年会費を上げるか、そして3年後には我がクラブは結成40周年を迎えることになっており、それに向けて色々な資金需要が予想されます。
 このような厳しい状況の中で松田会長をはじめ米内幹事のご指導をいただきクラブ財政の改善に注力して行きたいと存じます。メンバー全員が危機意識を持ち、一致団結して事に当たっていただくことをお願いし、就任の挨拶とさせていただきます。

■過去の三役挨拶

HOMEライオンズクラブとは活動内容三役挨拶メンバー表リンクお問い合せ

Copyright ©2007 Kyoto Royal Lions Club. All Rights Reserved.