京都ロイヤルライオンズクラブ(335-C地区)の公式ホームページです。Kyoto Royal Lions Club

京都ロイヤルライオンズクラブ

三役挨拶

会長挨拶

会長2008〜2009年度 第31代会長 大野 博史

次世代に引き継ぐな 負の遺産

 京都の夏の風物詩であります祇園祭を間近にひかえ、路地の奥から若衆たちが毎夜練習を重ねるコンチキチンの鐘の音が聞こえてまいります。
  この季節に、ライオンズクラブは新しい期を迎えます。今年も、30代から31代へと引き継がれてまいります。20代の青年から30代の成人へと成長し、品格はもとより、さらなるクラブの資質の向上が求められる時代に突入したと、深く心に感じ入るところであります。
 この重要な時に、31代の会長の責務を与えられたことに、あらためてライオンズクラブの果たさなければならない社会へのミッションはなんなのかと、自分に問いかけながら、伝統を守り、そして、新しい変革を求め、微力ながらクラブ活動に寄与し、同時に楽しみながらこの1年を務めてまいりたいと決意いたしております。
 会員の皆様の温かいご理解と、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

幹事挨拶

幹事2008〜2009年度 幹事 須山 篤志

 当「京都ロイヤルライオンズクラブ」の結成30周年式典も盛会の内に無事終わり、堀部会長以下前期役員の方々本当にご苦労様でございました。ご功績に対し本当に頭の下がる思いでいっぱいです。
 その感慨もさめやらぬ中、微力ながら第31代幹事を拝命いたすこととなりました。
 1998年の入会以来、平凡なクラブライフを過ごしてまいりましたが、いろいろな方と知り合い、仕事とは離れた部分で酒を酌み交わし、又いろいろな奉仕活動に参加している内にクラブの良さや楽しさを少しずつ感じております。入会以来いくつかの委員長やテールツイスター、計画委員長等を経験させていただきました。
 そして今回、幹事という大役をおおせつかりました。当クラブ内の幹事としての役目だけではなく、ゾーンや友好クラブ等との調整等等私には解らない事がたくさんあります。拝命いたしました以上は、大野会長を支え、又、会長スローガンはもちろんのこと、伝統ある「京都ロイヤルライオンズクラブ」の幹事として、クラブ人としての品格と節度をわきまえ職務を遂行いたしたいと思っております。
 今後ともチャーターメンバーを始め皆様のご指導を賜りますようお願いを申し上げ、私の新任のご挨拶とさせていただきます。

会計挨拶

会計2008〜2009年度 会計 馬場 保成

 2002年に京都ロイヤルライオンズクラブに入会させて頂き、6年目になります。
 この度、会計という大役をさせて頂く事になりました。
 感覚・慣性で生きて来ました私、不得意な分野ですが、皆様にご指導・ご協力を頂きながら職責に臨む所存で御座います。
 この1年間宜しくお願い申し上げます。

■過去の三役挨拶

HOMEライオンズクラブとは活動内容三役挨拶メンバー表リンクお問い合せ

Copyright ©2007 Kyoto Royal Lions Club. All Rights Reserved.