京都ロイヤルライオンズクラブ(335-C地区)の公式ホームページです。Kyoto Royal Lions Club

京都ロイヤルライオンズクラブ

三役挨拶

会長挨拶

会長1989~1990年度 第12代会長 松井 一雄

豊かな自然・明るい社会

 この度、京都ロイヤルライオンズクラブ第12代会長にご指名を賜り、身に余る光栄と存じますと共にその責任の重大さを痛感致し、不安の念にかられております。
 私もとより浅学非才で会長の器ではございませんが、お引き受けした以上微力ながら、ライオニズムの高揚とクラブの発展の為に努力致す所存でございますので、歴代先輩会長を始め会員の皆様方のご指導・ご鞭撻・ご支援・ご協力を賜り、この一年間会長職責を無事果たす事が出来ますよう切にお願い申し上げます。
 我が京都ロイヤルLCは若く・個性あるクラブとしてメンバーの方々のご協力により、充実発展して参りました。しかし12年目を迎えるに当たり、徐々にマンネリ化が進んで来たようにもおもわれます。最近は価値観の個性化・多様化が進み、美しさ・潤い・思いやり等、感性・心が問われる時代になってまいりました。クラブ運営・奉仕活動も、友愛と相互理解のもと従来の殻を破って対応することが必要かと思われますので、併せて今期は活性化に取り組みたいと思っております。
 本年度のガバナー・スローガンは「明日を拓く 愛と心の奉仕を」でございます。又、重点目標として、新たに環境保全事業が加えられました事を鑑み、世界的には森林の伐採、焼却・フロンガスによるオゾン層の汚染、国内では排気ガスによる酸性雨等の環境破壊が問題になっております。従いまして我がクラブも微力ながら、豊かな自然を取り戻し、明るい社会を築き上げ、そして楽しいクラブを育成したいと思っておりますので宜しくお願い申し上げます。

幹事挨拶

幹事1989~1990年度 幹事 児玉 保次

 先の選挙例会におきまして当ロイヤルクラブ12代目の幹事という大役を仰せつかりました。はたしてこの役目を無事に勤め終えられるものか思案に暮れているうちに5月、6月と時期の準備に忙殺される月にきてしまいました。
 初期の幹事の皆様の御苦労も、後に続かれた幹事の方々の御苦労も横目ではあっても見聞きしていたつもりでしたが、いざ我身となると過去の勉強不足を痛感するばかりです。どうか皆様の御協力により無事に任期を終えられるよう念じると共に、会長の方針を少しでも具現出来るように努力したいと思っています。

会計挨拶

会計1989~1990年度 会計 三久保 岩夫

 平素は経理と云う事に無縁の小生が、思いもよらない会計の仕事を申し付けられ、果たしてこの重責を全う出来るものかとお引き受けしてから後悔している次第です。しかし友愛と相互理解のライオンズ精神を賜って新役員の皆様は勿論、歴代の会計経験者の先輩の皆様の良き御指導を頂き、唯々間違いのない様、勉強しながら一年間の任務を全うしたいと思っています。
 当クラブの台所事情も大変厳しいと聞いていますが、会員の皆様の御指導、御協力の下にこの裏方としての役目を、存分に果たしたいと念願致して居りますので、よろしくお願い申し上げます。

■過去の三役挨拶

HOMEライオンズクラブとは活動内容三役挨拶メンバー表リンクお問い合せ

Copyright ©2007 Kyoto Royal Lions Club. All Rights Reserved.