京都ロイヤルライオンズクラブ(335-C地区)の公式ホームページです。Kyoto Royal Lions Club

京都ロイヤルライオンズクラブ

三役挨拶

会長挨拶

会長2019〜2020年度 第42代会長 米内 政明

意識「伝える」から「伝わる」へ

今年度のスローガンは、意識「伝える」から「伝わる」へとさせて頂きました。インターネットの普及に伴い、一瞬にして全世界へ発信・拡散する手段は身の周りに溢れ、誰もが簡単に姿の見えない主役になれる時代へと急速に変化し、一方で、フェイクニュースなど、誰もが簡単に加害者や被害者になってしまう世の中に我々は置かれていると感じています。
 現在、世界最大の奉仕団体「ライオンズクラブ」において、会員増強が声高に叫ばれています。バブル経済終焉の1989年、百貨店売上高は12.1兆円をピークに、2015年は6.6兆円までシュリンク。その2015年に厚生労働省が50年後の日本の人口推計を8800万人と公表しました。察するところにおいて、ライオンズクラブのメンバーも同様の曲線を描くのではないかと危惧しています。
 未だ一人のメンバー増員に携わっていない私が言うのは、会員増強に尽力された先輩Lに対して大変失礼かと存じますが、この限られた1年間において、右脳では「会員増強」、左脳では「例会への出席率向上」を目指し、40人以上在籍のクラブとどこがどう違うのか?を探求し、貴重な時間を費やして参加頂けるメンバーが、更に事業を成功に導かれるような有意義な共有時間となるよう例会運営に取り組んで参ります。
 商売では、「売れた」と「売った」、「儲かった」と「儲けた」。教育現場では、「叱る」と「怒る」etc.一字違いて似て非なるものは多くありますが、与えられた1年間が、「業務」から「仕事」になるように、粉骨砕身、獅子奮迅 頑張りたいと思います。
 矢野阪神ではありませんが、自分自身が一番楽しみたいと思います。

 

幹事挨拶

幹事2019〜2020年度 幹事 西田 博一

 今期、京都ロイヤルライオンズクラブの幹事に就任しました西田博一です。第42代米内会長と一緒に頑張ることになりました。2014年3月に入会して5年が経ちました。まだまだ解らないことだらけで幹事ができるか不安ではありますが、諸先輩方に怒られ教えてもらいながらこの職を1年間頑張っていきたいと思います。
 クラブも42年目となり歴史あるクラブではありますがメンバーが少なくなり小さくなりました。しかし、昨年度から若手が増え活気あるクラブになりつつあります。今年度米内会長の元、会員増強、クラブの繁栄に努力していきたいと思います。皆さん1年よろしくお願いいたします。

会計挨拶

会計2019〜2020年度 会計 後藤 真孝

 8年ぶり2度目の会計を担当させていただくことになりました。よろしくお願いします。
 この間、会員数の変動にも表れておりますように、当クラブを含めライオンズクラブを巡る情勢の変化は誰の目にも明らかです。
 このような激動の時期に、第42代会長職を引き受けられたL米内政明の ご英断に敬意を表します。私のような若輩者がこんなことをいうのは憚られますが、教養の高さ、知識の深さ、人情の厚さ、根性の強さ、分別の多さ…、どの点からもL米内は我がクラブのリーダーとして最適任です。
 重役である会計の職を、このような米内会長のもとでさせていただくことは非常に光栄なことです。米内会長を精一杯支えていきたいと思いますので、 どうぞよろしくお願いします。

■過去の三役挨拶

HOMEライオンズクラブとは活動内容三役挨拶メンバー表リンクお問い合せ

Copyright ©2007 Kyoto Royal Lions Club. All Rights Reserved.